専用オペ室

インプラント治療は通常の歯科治療と異なり、顎の骨にインプラントを埋め込むという外科的手術が伴う高度な治療です。また、インプラント治療を行うには、常に最新の設備が欠かせません。当院では、安心・安全を第一に「インプラント専用オペ室」を整えています。

滅菌対策

当院ではインプラントに限らず、感染・事故のない治療を行うために、徹底した感染予防対策を行っています。
使用する医療器具は、タービン等の切削機具を含め全て滅菌し、お客様一人一人に対して一つの滅菌パックに入れてご用意しております。
お客様が直接触れるものは使い捨ての物を使い、使い回しは致しません。また、スタッフの手洗いや各洗浄にはBK-HTを使用し、殺菌力の極めて高い次亜塩素酸水の洗浄によって院内感染対策にも努めております。

CT

CTやレントゲン、模型を用いた事前のシュミレーションシステムを併用して最善の治療法を患者様と共に選択していきます。
しっかりとした事前対策により患者様一人ひとりに合った治療を行います。

静脈内麻酔

恐怖心の強い人でも安心できる、静脈内麻酔を採用しております。患者さまにご負担が少なくなるように心がけております。ご不安な点はお気軽にお尋ねください。 手術時は、麻酔専門医が患者様の状態を見ながら、適切に麻酔を行います。 安心して手術に臨むことができます。

予防ルーム

予防・メンテナンスは、決して治療のついでに行うものではありません。 歯の病気になったことのない人も治療が終わった人も、健康な歯を守っていくために必要です。
そのため、当院では診療室とは別に、予防・メンテナンス用のルームを用意しています。

ガイデッドサージェリー

インプラントをする前には必ずCTを撮影します。そしてその3次元的なCT画像を診断し、インプラントを入れる理想的な位置を計画することができても、実際に手術でその位置にインプラントをどれだけ正確に入れられるかは、歯医者の腕にかかっています。インプラントを骨に入れる時に絶対に傷つけてはいけない神経や感染しやすい部位もあります。そこで、コンピューターでその正確性を高める技術がコンピューター・ガイデッド・サージェリーです。

骨造成

GBR(Guided Bone Regeneration / 骨誘導再生)法とは、欠損し、インプラント治療を行うために足りない歯槽骨や顎骨などの骨組織を人工骨を利用し再生を促す治療方法です。インプラントの土台を施術後、インプラントを支柱にし、生体材料でできた人工メンブレン(専用の膜)で人工骨で補強した部分を覆い再生を待ちます。

診療時間

10:00~
13:30
15:30~
20:00

■・・・土曜日 10:00〜14:00

★・・・日曜日 10:00〜14:00(隔週診療)