欠損歯への選択として
インプラントを選ぶ理由
Reason

歯を失った時、いくつかの治療の選択肢がございます。
そのままにしておくと、さらに他の歯を失ったり、噛み合わせが悪くなる事で身体全体への影響も引き起こします。
各治療のメリットやデメリットは以下の通りです。

ブリッジ隣接する歯を削り、橋をかけるように人工的な歯を固定します。

メリット
保険内診療なので患者様のご負担が少ないです。
また入れ歯と比べると噛みやすく、付け外しの違和感がありません。
デメリット
隣接する削らなくていい健康な歯を削ることになるので、健康な歯に負担をかけることになります。

入れ歯人工の入れ歯を作成し、バネやインプラントで固定します。

メリット
周囲の健康な歯へかける負担がブリッジよりも少ないです。
多数の歯の欠損時も対応する事ができます。
デメリット
噛む力が一割程度になります。
取り外し、つけた時の違和感を感じる方が多いと思います。

インプラント顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工の歯を取り付けます。

メリット
通常の歯と同じ構造をしているので、周囲の歯へは負担がありません。
同様に欠損前と変わらない力で噛む事ができます。
デメリット
自費治療になるため、一本にかかる治療費が他の診療と比べて非常に高価になります。
通常の歯と同じ仕組みであるため、きちんとセルフケア・定期検診を行わなければ、一生使い続けることは出来ません。

インプラントの魅力

自然歯と同じ力で噛むことが出来る

インプラントは自然歯と同じ構造をしているので、自然歯と同様に噛む事が出来ます。
他の治療法では、隣接した周囲の自然歯で人工歯を固定します。その為、今まで通りの力で噛むことが出来ません。

残った自然歯を守ることが出来る

インプラントは顎の骨に人工歯根で固定します。
その為、固定の際に周りの歯に負担をかけることがありません。
ブリッジでは固定するために健康な歯を削る必要があり、残せる筈だった歯をも失う事になります。

審美性が高く、綺麗な口元に

周囲の歯に固定することが無いので、外見上は欠損前と同じ様に見せる事ができます。
いつまでも美しい口元で、健康的な笑顔でいる為にも歯の健康は欠かせません。

インプラント治療の注意点

一生ものではありません

「インプラントは人工的な歯なので、ケアやメンテナンスなくずっと使える歯だ」と考える方も多いかと思います。しかし、インプラントは自然歯と同じ構造をしているために、自然歯と同じ様に欠損のリスクがあります。
必ず定期検診・メンテナンスの受診をお願いしております。

虫歯・歯周病にならないために

インプラントと周囲の歯の間や、人工歯と歯肉の間も、自然歯と同じ様に虫歯リスク・歯周病リスクがございます。
日々のセルフケアや、セルフケアで取りきれない歯垢・歯石をプロフェッショナルクリーニング(染め出しによる歯磨き指導・PMTC)による予防歯科の実施が必要です。

インプラントが壊れたら

きちんとケアすることで、継続してインプラントを守っていく事ができます。
当院では、インプラント手術後、しっかりと定期検診・メンテナンスを受診してくださっている方にのみ、保障制度を行なっております。

診療の流れ Flow

カウンセリング

カウンセリング

まずは患者様からお話を伺い、インプラントを含め適した治療法を提案させて頂きます。
事前に治療が必要な場合、治療を行います。

検査・診断 CTの紹介

検査・診断 CTの紹介

インプラント治療を行うために、必要な情報を採得します。
顎の骨の形状や、隣接する歯並びなど、立体的に様々な要素が手術に影響致します。
患者様の骨や歯の状態を最新の歯科用CTを使い、3Dで確認します。

歯科用CT

歯科用CT 歯科用CT

全ての撮影において患者さまのことを考え抜いた3Dパノラマレントゲンです。超低被曝撮影モード「Low Dose Technology(LDT)」を搭載。
情報量の多い3D撮影をデンタルやパノラマとほぼ同等の被曝線量で撮影が行えます。
また、エンドモードを選択することで最小スライスピッチ85μmでの撮影が可能です。
(50×50㎜のみ対応)

プレミアムクオリティな画像診断で更なる上質な医療をお届けします。・ADC機能(自動照射線量調整機能)
・ASC機能(自動頸椎調整機能)
・マルチレイヤー機能
・AFC機能(自動軟組織フィルター)
上記機能により、鮮明な画像をお届けします。

あらゆる症例に対応する3Dの豊富な撮影範囲と撮影モード<φ50×50>
・歯内療法、埋伏歯抜歯、局所インプラント
<φ78×61>
・ぺリオ、上顎洞診査
<φ78×78>
・サージカルガイド連携、上下顎埋伏歯
<φ150×78>
・両顎TMJの同時診査、上下顎及び左右埋伏歯
・気道
<φ150×130(オプション)>
・矯正、顔面の再建

治療計画

治療計画

採得した診断結果を元に診断し、治療計画をたてます。
患者様のお口の状態に合わせて必要な外科手術の有無や、様々な治療法の選択肢をご説明させて頂きます。不安なことや、ご不明な点は是非ご相談ください。

インプラントメーカーの選択

当院ではインプラントシステムを採用する際、
以下の様な条件があると考えています。

世界的なシェアを持ち、
多くの人に評価されている
インプラントそのものの性能が
優れていること
部品や本体の供給が
将来的にも可能であること

当院が採用している
インプラントメーカー

世界No.1のシェア、
ストローマンインプラント
世界No.1のシェア、ストローマンインプラント

ストローマンインプラント(スイス)は、世界No.1のシェアを持っています。
チタンインプラントであり、表面形状はSLAサーフェイスという、今最も世界で評価の高い表面形状をしています。

最も早く強固に結合し、骨が減りにくく、歯周病にも強く、長持ちするということが挙げられます。
世界だけでなく、日本においてもシェアNo.1です。
成熟骨だけでなく抜歯即時やスプレットクレフトなどの骨造成を行ったケースに用います。

Zimmer
Zimmer

Zimmerのカルシテックインプラント(アメリカ)で、ここは元々医科のメーカーであり、表面性状は、チタンにHAコーティングされており、骨伝導能があり、骨造成が必要な場合に向いております。

複数のインプラントシステムを取り扱う理由は、様々なケースに適応するためです。
特に上顎などで、日本人は骨が薄くて少ない場合が多く、かなりの確率で、ソケットリフト、サイナスリフトと呼ばれる骨造成が必要になります。
そんな時には、こちらのカルシテックインプラントが向いていると考えています。

世界No.2のシェア、
ノーベル・バイオケア
世界No.2のシェア、ノーベル・バイオケア

ノーベルバイオケアはブローネマルク博士が発見した骨と結合する近代歯科インプラントを世界で初めて製品展開した、インプラントシステムのパイオニアです。世界で最も長期の臨床実績を誇るブローネマルクシステムをはじめ、革新的なインプラントボディーデザインを持つノーベルアクティブ等を採用しており、様々な症例に対応することができる上、安定性の高い構造上他のものより施術期間も短期間で進めることが可能です。

Dentium
Dentium

2000年に設立以来、世界中で採用されているDentiumインプラントも採用しております。表面形状はSLAサーフェイスにより、迅速な骨形成が可能でありながら、他のインプラントと比べて安価なラインナップを持っているインプラントシステムです。Dentiumインプラントの保障期間は5年です。必ず、定期検診を受診してください。

外科オプションの紹介

再生治療

ご自身の血液から安全な骨補填材を生成【メディフュージ(供血用遠心分離機)】
高性能な治療機器インプラントや口腔外科、歯周外科治療を行う際に、
骨や歯ぐきなどの厚さや密度が十分でない場合、再生治療を行う必要があります。

ご自身の血液を用いて
拒否反応・感染のリスクを回避

メディフュージでは、足りない骨や歯ぐきの再生を促すCGF(骨補填剤)を、患者さま自身の血液から生成します。
ご自身の血液から生成した添加物の一切含まれないCGFを使用することで、
拒否反応や感染症のリスクを回避でき、安全に手術を行うことができます。

GBR法
GBR法

GBR(Guided Bone Regeneration / 骨誘導再生)法とは、欠損し、インプラント治療を行うために足りない歯槽骨や顎骨などの骨組織を人工骨を利用し再生を促す治療方法です。インプラントの土台を施術後、インプラントを支柱にし、生体材料でできた人工メンブレン(専用の膜)で人工骨で補強した部分を覆い再生を待ちます。

サイナスリフトとソケットリフト
サイナスリフトとソケットリフト

サイナスリフトは歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから施術を行い、ソケットリフトは歯の生えていた部分、もしくは歯を抜いたときはその穴から施術を行う骨造成の方法です。
サイナスリフトは骨の厚みが3~5mmよりさらに少ないときや、多数の歯が欠損しているときに行います。
サイナスリフトは骨が固まるまで時間を必要とし、骨移植とインプラント埋入を別々に行うため、植からインプラント埋入、さらに歯が入るまでに4.5~8ヶ月かかります。
ソケットリフトは、しっかりとインプラントが固定できるだけの骨の厚み(最低3~5mm)がないとできませんが、骨の移植と同時にインプラントを埋入することができ、サイナスリフトと比べて短い期間で施術することが可能です。また体への負担も少なく、腫れや痛みがほとんどありません。

ガイデッドサージェリーの紹介

ピエゾサージェリー
ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーは、三次元超音波振動を利用することで切削部分の長さ・深さを正確にコントロールが可能な手術機器です。 これにより、インプラント手術時に必要な自家骨の骨移植、切削を安全に素早く、従来より患者様への負担が少ない状態で行うことができます。

ガイデッド・サージェリー
ガイデッド・サージェリー

インプラントをする前には必ずCTを撮影します。そしてその3次元的なCT画像を診断し、インプラントを入れる理想的な位置を計画することができても、実際に手術でその位置にインプラントをどれだけ正確に入れられるかは、歯医者の腕にかかっています。インプラントを骨に入れる時に絶対に傷つけてはいけない神経や感染しやすい部位もあります。そこで、コンピューターでその正確性を高める技術がコンピューター・ガイデッド・サージェリーです。
GBR(Guided Bone Regeneration / 骨誘導再生)法とは、欠損し、インプラント治療を行うために足りない歯槽骨や顎骨などの骨組織を人工骨を利用し再生を促す治療方法です。インプラントの土台を施術後、インプラントを支柱にし、生体材料でできた人工メンブレン(専用の膜)で人工骨で補強した部分を覆い再生を待ちます。

一次手術

一次手術

インプラントシステムの土台となる人工歯根を正確な位置へ埋める手術を行います。骨と結合するまで数日で完了するものから、半年以上かかるものまでお口の状態やインプラントメーカーや治療法により様々です。

静脈内麻酔の紹介

インプラント手術は、基本的に局所麻酔を使用します。
全身麻酔は、呼吸管理の必要性やリスク・副作用があるため、基本的には使用しません。

しかし、局所麻酔だけで手術を行うことは、痛みは軽減できても、恐怖や不安、緊張などストレスは感じます。
治療中の医師の声やドリルで骨を切削する音が聞こえてくるのです。

インプラント治療をより快適に受けていただくために、当院では静脈内鎮静法併用による手術をおすすめしています。

静脈内鎮静法(セデーション)とは?
静脈内鎮静法(セデーション)とは?

静脈内鎮静法とは、静脈から薬剤を点滴し、意識が薄れた状態を作る方法を言います。

虫歯治療などでも使用する局所麻酔は、痛みは軽減できますが、意識がハッキリしているため、不安や恐怖、緊張は軽減できません。
虫歯治療の、歯を削る「キーン」という音が苦手な人も少なくないと思いますが、痛みがなくても、音や振動が伝わってくるのは、大きなストレスになるものです。

静脈内鎮静法は、ウトウトとした半分眠っている状態を作るため、治療中のストレスを軽減できます。
そのため、静脈内鎮静法を使用してインプラント手術を受けた患者様は、
「目が覚めたら手術が終わっていた」
「手術時間が短く感じられた」

などと言います。

手術は局所麻酔を併用して行います。
静脈内鎮静法には、鎮静効果がありますが、痛みを抑える効果はありません。そのため。静脈内鎮静法と局所麻酔のどちらも使用して治療を行うのです。

このような患者様には静脈内鎮静法による手術をお勧めしています。
次に当てはまる患者様には、特に静脈内鎮静法による手術をお勧めします。

嘔吐反射が強い方

全身疾患をお持ちの方や
全身管理の元で治療が必要な方
治療に対する恐怖心が強い方(歯科恐怖症の方)
インプラントの埋入本数が多い方・
治療範囲が広い方
治療中に気分が悪くなったことがある方
気楽にインプラント治療を受けたい方
など

静脈内鎮静法のメリット・デメリット
メリット

意識が全くなくなるわけではないので、呼びかけに応じられる
全身麻酔のような呼吸管理が必要ない
全身麻酔とは異なり、入院の必要がない
血圧や心拍数が安定する
など

デメリット

麻酔からの回復は早いが、手術直後は眠気が残る場合がある
手術当日は自動車の運転や激しい運動はできない
アレルギーがある場合に、適用にならない場合もある
など

静脈内鎮静法の最大のメリットは安全性の高さ

静脈内鎮静法の最大のメリットは、安全性の高さと言えます。
安全性が高く、手術終了後は速やかに麻酔効果がなくなります。

また、静脈内鎮静法をより安全に使用するために、麻酔専門医が全身管理を担当し、
生体情報モニターで心拍数や血圧などを管理します。

当院のオペ室は、全身麻酔にも対応できる麻酔装置を完備し、
安全に麻酔の使用ができる環境を整えています。

静脈内鎮静法にかかる費用
静脈内鎮静法にかかる費用

当院では、静脈内鎮静法を併用する場合には麻酔費用が別途かかります。
保険外診療(自由診療)で静脈内鎮静法を使用する場合には、
保険が適用になりません。 そのため、静脈内鎮静法についても、
歯科医院によって費用は異なります。

二次手術

二次手術

土台のインプラントシステムの設置が終われば、歯茎の形を整えるための一時的な土台(アバットメント)をまず装着します。そして、最終的な人工の歯を装着をして手術は完了です。お口の状態を見ながら、残っている自然歯にも優しい、機能的にも審美的にも美しいインプラントの設置が出来るように一つ一つ丁寧に行います。

補綴物の紹介

ジルコニアクラウン

当院でインプラント施術時に勧めているのは、ジルコニアです。
審美性が高く、割れにくく水分を吸わないため、残った自然歯にも優しいです。

保険適応外¥150,000

ゴールドクラウン

ジルコニアより安価であり、他の金属素材と比べて耐久性や自然歯への影響も良いです。

保険適応外¥100,000

メンテナンス

メンテナンス

インプラントは歯ととても良く似た構造をしています。なので、歯周病等によって、折角施術したインプラントが駄目になってしまうことがあります。歯を再び失うことの無い様に、当院では必ず三ヶ月から六ヶ月に一度の定期検診を受診頂いております。定期検診をきちんと受けていただくことで、インプラントシステムの保障を受けていただくことができます。

定期検診

患者様に守っていただきたいこと

良い状態を長く保つ為に、次のことを守ってください。

十分な口腔清掃
定期メンテナンス

上記の条件をお守りいただくことを前提に、
当院で診療した部位を10年保証をさせていただきます。

保証規約

当院の診療部位について、保証期間中における通常使用での破損や脱落・不具合が生じた場合、保証書をお持ちいただければ当院にて100%保証で、修理・再装着・再製作をさせていただきます。
ただし、下記の場合には、保証期間であっても、一部または全額が有料となりますので、ご注意ください。
また、現金での返金は、一切ございませんので、予めご了承ください。

①患者さんの不注意や不慮の事故など、明らかに当院の責任ではない場合。
②診療時に全く予期し得ない口腔状態の変化による場合。(歯槽膿漏、歯根破折など)
③当院の指示に従わない状態での使用による場合。
④6ヶ月以上定期メンテナンスを受けられない場合。

※定期メンテナンスの費用は、別途申し受けます。
注意:保証書を紛失された際は、保証しかねる場合があります。
大切に保管してください。
サポート体制の充実

メンテナンス用品も充実しており、定期検診も60分、お時間をかけて診させていただいております。
ただインプラントを埋入するだけではなく、よりよい口腔環境の為にしっかりとサポートさせていただきます。

定期検診・予防歯科による
口腔内の健康の重要性

インプラントは天然歯と非常によく似た構造をしており、一生ものではありません。一度失った歯をまた再び同じように失わないためにも、正しくケアして歯周病や口腔内のあらゆるトラブルから守っていかなくてはなりません。
必ず正しくメンテナンス、アフターサポートを受けてください。

診療時間

10:00~
13:30
15:30~
20:00

■・・・土曜日 10:00〜14:00

★・・・日曜日 10:00〜14:00(隔週診療)